レンタルドレスを利用する方法や服装のマナーについて

結婚式に相応しい服装を

結婚式は、あくまでも花嫁と花婿がメインであるということを考えておくことが大切です。自分の服装が素敵であることは勿論大切ですが、自分の思い通りの格好をすることが良いというわけではありません。
結婚式に相応しい服装を理解し、マナー違反とならないよう十分に注意を払いましょう。一番は祝福する気持ちを忘れないことです。祝福する気持ちを伝えるためにも、きちんとした服装で結婚式に出席する必要があるのです。

結婚式の服装マナー

髪型について

結婚式のマナーとして、髪型にも気を使う必要があります。例えば、肩に付くような髪型やロングヘアーの方は、髪をアップスタイルにすることが基本となります。髪を下ろしていると、雰囲気がラフすぎる為にフォーマルな場に相応しくないのです。

ドレスの色について

結婚式で一番避けたいのが、ドレスのカラーが花嫁と被ってしまうことです。したがって、白い色のドレスは絶対に着てはいけません。白いドレスの他にも花嫁がお色直しを行った後のドレスの色にも注意したいところです。事前に花嫁がどんな色のドレスを着るのかという情報を得ておくと、マナー違反になることはありません。花嫁を祝福するという気持ちを最大限に伝えるためにも、ドレスのカラーも十分に考える必要があるのです。

バッグについて

結婚式に持っていくバッグは、小さいハンドバッグや手に持つタイプのバッグであることが望ましいです。大きなカバンを持っていくことはマナー違反となってしまいます。もしもお子さんがいて荷物を持ってくる必要がある場合には、フロントでいくつかの荷物を預かってもらうなど工夫をしましょう。

ドレスの丈

ドレスの丈にもマナーがあります。ミニスカートは素敵ですが、フォーマルな場に履くことは望ましくありません。ドレスの丈として目安となるのが、最低でも膝より数cm上であるということです。膝上~膝下の範囲であると良いでしょう。また、ドレスを履いている時には素足はマナー違反となります。薄いベージュのストッキングが一般的ですが、黒いストッキングでも問題ないでしょう。薄く柄が入っているものも大丈夫です。

靴について

結婚式に相応しい靴として基本となるのがパンプスです。サンダルやミュールと言った露出が多すぎるような靴は、フォーマルの場では少々ラフに見られてしまいがちです。選ぶのであれば、バックストラップが付いているものや、つま先だけがあいているタイプであれば大丈夫でしょう。ブーツなどは絶対に履いてはいけないので心得ておきましょう。

レンタルドレスの利用方法

ドレス

お店を探すことから

レンタルドレスを取り扱っているお店は多数存在しています。そして、お店によってサービスが異なっていたり、取り扱っている点数や内容、ブランドなどが異なってきます。自分の希望に合ったお店を良く探してみることが必要でしょう。インターネットを利用して、様々なお店を一度に比較してみることも便利なのでおススメです。

ネット上の口コミを閲覧したり、それぞれのお店の特徴を調べてみるのも良いでしょう。自分の気になるドレスのスタイルを具体的にすることから始めて、そのスタイルが実現できるようなお店を探すといった方法も1つの方法となります。料金や条件の良さでお店を選んでからデザインを選ぶことも勿論良いです。自分の重要なポイントをいくつかピックアップし、お店を選ぶのがコツです。

ドレスを注文する

ネット上でドレスを注文する場合には、ドレスを一つ選びましょう。ドレスが選ぶことができたら、「カートに入れる」などといった項目をクリックします。ネットで上手くドレスを探すコツとは、ドレスの丈の長さや種類、色や値段といった条件をつけて絞り込むということです。お店によってはドレスの取り扱いが非常に多いため、迷ってしまうようなことがあると思います。そんな時、絞り込みが役に立つのです。自分で決めるのが難しいという場合、ピックアップされているドレスや、人気のドレスから選ぶという方法もあります。ドレスだけでなく、アクセサリーや靴などをトータルでレンタルできることもあるので、トータルで探してみるのも良いでしょう。

実際にお店でドレスを見て選ぶのならば、ドレスの試着して選ぶようにしましょう。ドレスを試着すると、手に取った時と印象が変わることもあるからです。せっかく実際にみて選ぶことができるのですから、気になるドレスを色々と試着していくつか候補を得げる事もおすすめです。「次はこんなドレスにしよう」と決めることも出来るからです。店舗で選ぶ時の魅力と言えば、店員さんにコーディネートや選び方のコツを聞くことができることでしょう。店員さんはドレスに関する知識が豊富なので、困った時には色々と尋ねてみると良いです。

注文・予約を行う

インターネット上でレンタルドレスを利用する場合、ドレスを選ぶことができたら注文手続きを行いましょう。注文する方法の流れは、まずはレンタルしたいドレスをカートの中に入れます。そしてドレスのレンタル手続きを行っています。レンタルする期間や、ドレスが届く日時は良く確認しておきましょう。レンタルドレスは実際に届いた後、サイズが合わなかったという場合もあるため余裕をもって注文を行うことが大切です。レンタルの手続きを行う際には料金の支払い方法などを決める必要があります。クレジットカードで決済か、銀行振り込みにするかといった方法をあらかじめ決めておき、スムーズに手続きができるように準備しておきましょう。その他に届け先の住所などを入力し、注文を確定させることで予約が完了となります。

店頭でドレスを選んだ際には、利用する日を考慮して予約する日を決めましょう。当日に予約をすると忙しくなってしまうので、前日までに予約をすることをおススメします。そして借りる日数を決め、返却日などをきちんと確認しましょう。同じ店舗でアクセサリーやカーディガンなどを一緒にレンタルすると手間がかからないのでおススメです。

利用後について

レンタルドレスの利用が終わったら、レンタルしている期間内に返却を行う必要があります。インターネットで注文した場合には、まずは返却の手配を行いましょう。返却方法はお店によって異なりますので、お店が指定した業者や方法にて返却を行って下さい。しかし、配送業者がドレスを取りにくることが一般的です。その他の方法としては最寄りのコンビニからドレスの返却手続きを行ったり、運送会社の営業所に持ち込むといった方法が可能な場合があります。お店の返却方法で不明点があれば、すぐに問い合わせをすることも大切でしょう。また注意しておきたいのが、返却の手続きを行う際にはレンタルしている期間内に済ませる必要があるということです。もしも返却期間が過ぎてしまった場合、すぐに問い合わせを行ってください。返却方法を良く確認して、延滞料金の支払いをしましょう。レンタルドレスは次に借りる人もいるため、延滞してしまうと多大な迷惑をかけてしまうことがあります。レンタルドレスを延滞してしまうことはくれぐれも無いように心がけましょう。

店頭で注文を行った際にも、宅配サービスを利用して返却できる場合があります。もちろん持ち込みを行うことも可能です。延滞してしまったり、戸惑ってしまわない為には事前に返却方法などについても詳しく説明を受けておくことが重要です。事前に流れを知っていることで手続きがスムーズになり、トラブルも少なくすることができます。気になった点はすくに問い合わせ・相談を行いましょう。